HOME【会社情報】

ごあいさつ

 1913年、初代鳴海長作が中津川市手賀野に大工として開業し、 100年以上が経ちました。
「お客さまに喜んでいただける仕事」を基本として、長い年月をかけて受け継がれてきたた誠意と培われた技術で、地域に根ざした仕事に取り組み、社会の発展とともに地域に認めていただける企業へ成長しました。

 時代の流れとともに、建設機械などが進歩し、施工の効率化、品質・安全性の向上そして、環境への配慮や自然災害に対応したより高いクオリティが構造物に求められています。
こうした時代背景だからこそ、1世紀に渡り培ってきた誠意と技術を持って、今まで以上にお客さまの期待に応えることができるように、安全で確実な施工に努めて、信頼していただける企業を目指します。

 2011年、超電導リニアの停車駅が中津川市に決まり、2027年の開業を目指し、完成後は東京(品川)−名古屋間を40分で結ぶことになります。半世紀を経て夢の事業が現実へと近づきました。
 新しい時代に向けて、鳴海組も夢のある建設業をめざし、更なる成長を続けます。
「夢をつくる。夢をかたちに。」こどもたちが安心して暮らせる未来に向けて、これからも安全で満足いただけるものづくりが社会貢献と捉え、事業活動に取り組んでまいります。


企業理念

企業理念

会社概要

社名株式会社 鳴海組
本社所在地岐阜県中津川市手賀野335−1
創業1953年1月5日
代表者代表取締役 鳴海 伸明
資本金2,000万円
建設業者許可番号岐阜県知事許可(特-19・般-19)21-003341号
事業内容土木一式 建築一式 とび・土工 造園 舗装 排水設備 賃貸アパート
従業員数26名(関連部署含む)

鳴海組の歩み

本社社屋

大正

1913年(大正 2年)初代鳴海長作が大工として(職人5人)開業
1924年(大正13年)5月鳴海組として建築・土木を中心に建設業を創業

昭和

1953年(昭和28年1月)株式会社 鳴海組を設立  資本金100万円
      鳴海英一が代表取締役社長に就任
      中津川市東校校舎建設工事(初の公共工事)を施工し、高い評価を受ける
1973年(昭和48年) 9月資本金400万円に増資
1973年(昭和48年)10月資本金500万円に増資
1973年(昭和48年)11月岐阜県知事許可取得(特定-土木)(一般−建築)
1981年(昭和56年) 4月鳴海英一が(社)恵那建設業協会 理事長に就任
1983年(昭和58年)12月資本金1000万円に増資
1987年(昭和62年) 4月鳴海英一が中津川建設協会副理事長に就任〜1994年(平成6年)
1988年(昭和63年) 8月資本金1500万円に増資

平成

1995年(平成 7年)安全衛生協力会「一伸会」設立
1996年(平成 8年)11月鳴海英一が会長に鳴海伸明が代表取締役社長に就任
1997年(平成 9年)  8月資本金2000万円に増資
2001年(平成13年) 7月品質マネジメントシステムISO9002認証取得
                            (適用範囲:土木構造物、適用除外:7.3)
2002年(平成14年)10月品質マネジメントシステムISO9001認証取得
                            (適用範囲:土木構造物、適用除外:7.3)
2009年(平成21年) 4月 代表取締役 鳴海伸明が(社)恵那建設業協会 理事長に就任
                代表取締役 鳴海伸明が(協)中津川建設協会 理事長に就任

【アクセスマップ】


大きな地図で見る

このページのトップへ